こんにちは。Naomiです。

ヴォーグ学園 棒針入門講座 の提出作品を編んでいます。
「ノット巻き」の作品は、クッションカバーかマフラー。
クッションカバーは脇を閉じるのが面倒そうだし、マフラーは長さがあるから時間がかかりそうと、今回ばかりは、編み地(パターン)で提出しようかと思いました。

でも、最初のころからノット巻きのマフラーは編むつもりで、毛糸も用意していたから、挑戦することにしました。

ノット編みのマフラー

左目に通すノット、3回巻きのノットに加えて、交差模様も入ってくるという、手間のかかるマフラーです。
ノット編みと交差編みの模様の間には裏目が入ってくるので、裏側も見た目がいいのが気に入りました。

この前編んだタム帽と同じ毛糸、同じ色で編んでいます。
赤色のマフラーって好きです。

400段ちょっと編みますが、編んでいくうちにゆるくなるから、注意しています。
湿気や手の汗なんかで変わっちゃうんですよ。
編み加減が変わってくるのが、あとでバレそうなので、マフラーを編むのはやっぱり苦手です。

次回の講座の日に間に合わせたいな。