M越先生とたっぷり話をする

本日は教育工学会の最終日。そして発表の日。
朝9時には会場に着いておきたかったので、電車の時刻などを調べておいた。朝7時40分ごろにホテルをチェックアウトして駅に向かった。途中で何か食べようと思ったが、マクドナルドとかロッテリアは8時から開店とのことなので、大崎で食べるのをあきらめ池袋に向かった。
池袋について西武新宿線に乗り換えようとしたが、意外に時間がさしせまっており、安全策を取って先に小手指に向かうことにした。
小手指についたら、W大の学生さんの的確な案内で(こんなにきちんとしていた大学は珍しい。さすが)バス乗り場までスムースに行くことができた。既にバスが待っており、これを逃して遅刻するのも嫌なので、先にバスに乗り込んだ。大学に着いてから何か食べようと思った。
15分ほどでW大に着いた。おなかが空いてたまらなかったが、大学の近所にコンビニがあるのかどうかもわからず(バスはけっこう構内に入ったため)、大学内で何か食べようとした。
10分ほどうろうろとして、やっと学生食堂を発見した。もちろんまだ営業していない。カップヌードルの自動販売機があったが、お箸が見当たらない。ボールペンで食べようとしたが、昔一度それをやったことがあって、なんとも嫌な気分になったのであきらめた。隣にカロリーメイトの自動販売機があったが、硬貨専用。財布の中には千円札しかなく、泣く泣くあきらめた。
そんなことをしているうちに時間になり、空腹のままプレゼン。プレゼン終了後にO大学の皆さんと合流することができ、一緒にお昼ご飯を食べることができた。出張の時って、一人でごはんを食べることが多いので、大勢で話ながら食べるとうれしくなる。
大学から駅に向かうバスの中で、大学時代の恩師(直接ゼミなどでご指導頂いたわけではないが、非常にお世話になった)M越先生とお会いすることができた。約10年ぶりの再開だ。色々なお話を聞いていただいたリ、貴重なお話を伺ったりと、大変に価値のある、心に残る時間を頂戴することができた。本当にありがとうございました。
焦らず、じっくりと前を向き、自分のやろうとする道に向かって進んでいこうと固く決心した。
M越先生は上野から乗り換えとのことで、新幹線ホームまでお見送りさせていただいた。次にお会いするときが楽しみになった。
羽田から再び福岡に戻り、家に帰って手作りのシナモンロールを食べた。今日の一日の締めくくりにふさわしい、なんともやさしい、しかし、しっかりとした味だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です