名も知らぬ花

namonaki.jpg
「名も無き花」という言葉を聞いて、かの牧野富太郎博士は怒ったという。「名も無きではない、名も知らぬといいなさい」と言ったとか。 宅地の間の空き地で咲いていたこの花。何というのであろうか。 (1999/10/24 11:00 池田山にて採集 )

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

駅前の小径

次の記事

一部だけ昔を語る