その後の日常

20060225.jpg
通院しつつ、少しずつ回復してきています。お医者さんってすごいなぁと毎日実感しています。その他大勢の方からご配慮頂き、人の優しさを感じつつ毎日を過ごしています。この場を借りてではありますが、御礼申し上げます。
痛みがあるため、まだ以前のように普通に歩くことはできませんが、そのおかげで通常ではない視点で物事を見ることが出来るようになりました。今日の写真はそんな視点から見つけたモノです。マクロ撮影したものですが、何だか分かりますか?
■閑話休題
最近うちの中で何でも「お」とか「御」を付けるのが流行っています。「おチャーハン」とか「おパン」とか。結構面白いです。
ちょっとした段差でも歩くのが大変だなと実感しています。僕はバリアフリーに関心があったのですが、それはどうやら実感を伴っていなかったようです。今までの自分は「ふり」だけだったと反省しています。
「つじあやの」「徳永英明」「水越けいこ」が最近のお気に入りです。
間違いや過ちを責めるのは非常に容易い。しかしそれだけだと何も生み出さない。最近の風潮として「攻めるだけ」で終わっているものをよく見かける。どんどんと「簡単」で「一見すると正しそう」に見える方にシフトしている。なんとなく「知のバブル」のように思えてならない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

花は咲く。

次の記事

ふかふか