『カーズ』を観てきた

カーズ公式サイト
http://www.disney.co.jp/movies/cars/
PIXARの映画(決してディズニー映画ではない!)『カーズ』を観てきた。
車を擬人化したフルCGアニメーションで、主人公のライトニング・マックイーンを中心として話が展開していく。
あまり話題になっていないので、どないなもんだろうと思っていたが、かなり楽しめた。
東宝系上映だったので、モロに『ゲド戦記』とかぶってしまっていて小さなスクリーンの劇場での上映となっていた(ゲド戦記は2スクリーン)。まわりは子ども連れが多く、空席もちらほら。
全く人間が出てこず、すべてが擬人化された車で展開する。ブンブンと飛んでいる小さな虫も車という徹底ぶり。
ストーリーが展開してくと、さすがはPIXAR、最初の10分で観客の心をわしづかみにした。途中ちょっとダレる部分があったけれど、最後にはちょっとホロっと来る場面もあり、エンターテイメントの詰まった映画だった。
隣では、70ぐらいのおばあちゃんと孫(ひょっとしたらひ孫)が観ていたが、子どもはずっとスクリーンに夢中。おばあちゃんも最後の方は涙を流して観ていた。
どうしてもPIXAR作品は今までの作品と比較されてしまう運命にあるが、今回の映画はクルマが好きな子どもにとっては面白い映画だったと思う。もちろん大人でも十分楽しめると思う。
評価:★★★★☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

コロンボ

次の記事

マンガにあるような雲