さようなら、ATOK

日本語入力にはずっとATOKを使ってきた。WindowsでもMacでも、どちらもATOKを愛用してきたが、今回のインテルMacに対応しているATOK2006は、どうしてもなじめなかった。
とても細かい話になるが、OmniOutliner?でATOKを使うと、とてつもなく入力が遅くなってしまうのだ。文字を削除しただけで、1秒ぐらいの待ち時間がかかってしまった。
さらに困ったことに「sennsei(せんせい)」と入力しようとすると、フリーズしてしまうのだ。どうもnが2回重なる入力の場合に発生する現象のようだが、これでは文章を書くことができない。
そこで、エルゴソフトから発売されているEGbridge Universalに乗り換えた。

egbridge Universal
egbridge Universal

posted with amazlet on 07.01.08
エルゴソフト (2006/03/24)
売り上げランキング: 2615

正直あまり期待していなかったのだが、この変換のスムースさには感動した。実際に使ってみないとわからなかったが、キー入力と文字表示の間のタイムラグが少ない。これは感動モノだ。
指に文字が吸い付いてくるような感じだ。もうしばらく乗り換えられない気がする。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

宮川節

次の記事

餃子 李