ヘムはシャーリングヘム

この前、毛布を見に行った時のことだが、ある毛布に「ヘムはシャーリングヘム」というコピーがついていた。全く意味がわからなかったので、メモを取った。
色々と調べてみると、なかなか面白いことがわかった。特に「シャーリング」という言葉は色々な意味があるようだ。先ほどの「シャーリングヘム」の場合は、記事を縫い縮めるという意味として使われているようだが、板金業界では全く違う意味になっているし、ジャズピアノの世界だと「シャーリングスタイル」という演奏技法として使われている。
一つの言葉から色々な発見があるものだと、寄り道しまくりの日々。
ちなみに、「シャーリング」で検索したらこんなページに出会った。全部同じ人というのが面白い。モデルさんは大変だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ビスタより、ミシン

次の記事

カノッサの屈辱2007