井筒屋がなくなる

福岡に住んでいる人は知っている事だが、博多駅にある百貨店「井筒屋」が3月末をもって閉店することになった。博多駅はビルとなり、新しく別の百貨店がテナントとして入るとのこと。
僕は根っからの福岡人ではないので、例えが正確かどうかは確証がもてないが、大阪で例えると大阪駅前の阪神百貨店が閉店するようなものだろうと思う。
「時代の流れ」と言うが、誰がその時代を「流して」いるのだろうか、それとも「流れて」いるのだろうか?最近あちこちの街に行くと、そのようなことを考えずにはいられない。振り返ってばかりでもいけないのはわかるけど。
IZUTSU-YA Department Store

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

「読み逃げ」について

次の記事

ナンバーズの抽選風景