わたせせいぞうの『菜』

僕の人生を変えた一冊。色彩感や、ストーリーの組み立てが好き。この4巻は、今まで住んでいた菜の両親の家を引っ越す、このストーリーの中でも大きな転換期のころ。

菜 (4)
菜 (4)

posted with amazlet on 08.03.03
わたせ せいぞう
講談社 (1994/06)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

現状と試行錯誤