山下和美『不思議な少年』(3)の「末次家の三人」

『天才柳沢教授の生活』で知られる山下和美だが、こちらの作品も秀逸。特に私が好きな話がこの3巻第1話に収録されている「末次家の三人」。久々に嗚咽するぐらい泣いた。人によって好き嫌いはあるかもしれないが、そんなことはどうでもいい。僕の心には届いた。痛いぐらい届いた。

不思議な少年 (3) (モーニングKC (998))
山下 和美
講談社 (2004/11/22)

関係ないが、このマンガは〆切りなし、ページ数制限なしという状況で執筆されている、日本でも希有な環境で描かれている物語だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

今日も勤務

次の記事

CAIOPEAの『FULL COLORS』