しもばしら

子供のころは、大阪でも霜柱ができていた。
小学校までの道で、近道というのがあり、民家と民家の間の30cmほどの狭い隙間を抜けていく道があった。寒い寒い日には、その道に霜柱ができていた。
集団登校で通ってたので(今考えたらすごく近所迷惑かも)先頭の人がその霜柱を踏み、楽しむことができた。ぼくもいつか高学年になったら踏みたいなと思っていたが、段々と霜柱も見かけなくなり、結局僕の夢は適わなかったように覚えている。
オトナ(もしくは35歳児)になった今でも、思いっきり霜柱を踏んでみたいと思うことがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です