クッラト山西

今はまだお昼なんですが、本当にどうでもいいことを書きます。
# 最近気になっていることその1【トラックの右側面】
最近では少なくなりましたが、トラックの右側面に書かれている文字は「右から左」に書かれていることがあります。
例えば「西山トラック」という運送会社の場合、「クッラト山西」となります。何だ「クッラト」って。
「クッラト……ドイツ中部の家庭に伝わるお菓子の一つで、余った小麦粉と野菜を混ぜ合わせ、カリカリになるまで焼いたもの。地域によっては冬の保存食として重要なものとなっている」
という想像を膨らませてしまいます。
さて、話は戻って「クッラト山西」なんですが、多分走行中の視線の流れを考えてこのような書き方をしているのでしょう。
でも「奥歯にポップコーンの硬い皮が引っ付いて、なかなか取れない状況」のような心地悪さを感じます。
僕が物心ついたころからずっとこの伝統は受け継がれていることを考えると、逆にこの伝統を今後も永続させるのも良いことなのかもしれません。
絶滅しないことを祈ります。
# 最近気になっていることその2【朝のテレビ番組でやっている占い】
僕は占いは「良いことだけ信じる」ということにしています。しかし朝のテレビ番組などでは「今日一日の運勢」というコーナーがあります。容赦なく。
この「占い」に困っています。
基本的に占いの時間になると、即座にリモコンに手を伸ばし別のチャンネルにすることにしています。これは一種の競技といってもいいぐらい白熱します。
しかし、左手に茶碗、右手に箸という極めて無防備な状態で占いコーナーが始まった時などは、「つうこんのいちげき」を受けることがあります。
「山羊座のあなたは今日は最悪。何をやってもダメ。金運は最悪。」
一日がとてもブルーになります。頼むからそういうことは朝から言わないでくれ……。
というわけで、朝はもっぱらNHKです。
ですが、最近新たな刺客が現れました。うちで取っている新聞です。テレビ欄の真下に占いが掲載されています。
なんとかしてください…………。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA