ファミコンカラー発売!

うれしいニュース!
「ファミコン」がゲームボーイで遊べる!
かねがね、往年のファミコンを遊びたいと思っていたが、ようやくその希望が(ほんのちょっとだけ)実現することになった。
いろいろな懐かしいソフトが発売されるが、今日はその「懐かしい」というだけではない話にしたい。
多分このニュースは多くのサイトで取り上げられると思うんだけど、多分「懐かしい」「古き良き」という修飾語がテンコ盛りになっていると思う。
確かにその通りだと思うが、「エキサイトバイク」とかは、今遊んでみると、ちょっと物足りない感じがすると思う。正直なところ。
でも「ゼルダの伝説」とか「アイスクライマー」とかは、今遊んでもけっこうはまるのではないかと思う。ひょっとすると、PS2とかの最新機種で数千万の開発費をかけて開発した鳴り物入りソフト群よりも面白いかもしれない。
そう、面白さというのは「開発にかかったお金」でもなく「新鮮なゲーム方式」でもなく、全く別のところに存在するのだろう。
繰り返して言うが、昔のファミコンソフト群を闇雲に礼賛するわけではないけども、確かに面白いものは存在する。
そろそろその面白さを客観的に分析・評価する時期にも来たのではないかとも思う。
「レベルX」東京都写真美術館
この展覧会だが、平日に行くことをオススメする。……といっても、会期はあとわずかのようだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

寺田寅彦

次の記事

クッラト山西