日曜日

今日は日曜日なので、日曜日らしい一日を目指した。
朝、ややケンカするも、1時間ほどで小康状態になったので福岡市美術館に卒展を見に行った。
クルマで行ったのだが、美術館の近辺は道が変な交わり方をしていたり、バスが多かったりで走りにくいことこの上なし。なんとか美術館にたどり着き作品を鑑賞。
鑑賞を終えて外に出てきたら、警備員の胸ぐらを掴み因縁をつけているマナーの悪い運転手がいたので携帯で110番通報。通報している間に男は言いたいだけ言ってどこかに行ってしまった。何だかすごく後味が悪い。
その後少し不機嫌になりつつも、海の中道にあるマリンワールドへ。実を言うとあまり期待していなかったのだが、いい意味で予想を裏切られた。
『Finging Nimo』のブームに過剰に対応している様子も感じられたが、展示されている魚たち、そのものがなかなか興味深い。
「カクレクマノミ」は大変な人気で、水槽の前には子供がいっぱい。しかし個人的には「タカアシガニ」「クラゲ」「タコ」「マンボウ」に興味津々。
その中でも「マンボウ」は秀逸。ほとんど水槽の前には人が集まっていないマイナーな魚だったが、本当に何を考えているのか分からない様子が素晴らしい。
ぽかんと口を開けたままで、ぼーっとしながらヒレを動かしながらたゆたっている。思わず5分ぐらい釘づけになってしまった。
後ろを通りがかった人が「これ生きてるの?」とポツリともらしたが、そんな様子がまた趣き深い。
その後はイルカショーを鑑賞。「この歳になってイルカなんて……。しかもイルカって海豚って書くし、なんか気の毒だし……」と思っていたが(後半部分はやや関係なし)、かなり面白かった。上手に観客をいじる演出や、スピーディーな展開はが見事だったが、何よりもイルカの躍動感が素晴らしい。
目の前をイルカがジャンプ(背面5回転とかしていましたが)するたびに、「うぉー」とか「わーっ!」とか、周りを気にすることなくそういう歓声が自然に出てきてしまう。本当の意味で素の自分に戻ってしまうぐらい演技に集中してしまった。
その後スーパーに寄って帰宅。一気に日常に戻る(笑)。
■閑話休題
本日の写真はイルカ……というはずだったのだが、今日はカメラのメモリーカードを入れ忘れていたため(笑)写真はありません。
けど、カメラを持っていなかったからこそ、色々なものが鮮明に記憶に残ったような気がします。
もしカメラを持っていたら、ここまで楽しめなかったのではないか?とも思えます。
入学式とか運動会のときに、ビデオカメラで自分の子供を撮影している人が大勢いますが、ファインダーの中だけを見ないで、ぜひ自分の子供をしっかりと見つめてあげてほしいものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

おなかすいた

次の記事

つぶやき