「忙しい」ということについて

最近「忙しい」ことについて考えるようになった。
単純に「忙しいことは○○だ」とか「○○ではない」とか、そんなお子ちゃま的な二元論で片づく問題ではないけれど、何かと世間を見渡せば「忙しい」という言葉が当たり前に使われていることが気になった。何だかこの言葉が当たり前になっていることに、うすら恐ろしいものを感じる。
そんなことを言っている僕自身の今日は、centOSをいじり、SSHのお勉強をし、CSSをいじり、PHPをいじり、viをマスターし……という、モロにテクニカルな一日だった。22時過ぎまで大学で作業をしていた。本当は本を読みたかったのだけれど、全く読めなかった……。
さて、これは「忙しい」と言えば忙しいが、「忙しくない」と言えば忙しくない。「楽しい」と言えば楽しいが、「楽しくない」と言えば間違いとなる。よって「今日は楽しかった」と言っても間違いではない。Q.E.D.
■閑話休題
サウス・こうせつ
ノース・杜夫
マンモス・ウェスト
イースト・とん平
クリント・東・ウッド

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

200キロの旅

次の記事

オス