ジンクスとマドル・スルー

マドル・スルー(muddle through)とは、泥の中を踠いて這い上がって出てくるという意味らしいが、今、まさにその真っただ中に居ることを実感する日々が続いている。
現在開発しているシステム「SIBS(サイビス)」は、幾多の困難を乗り越えながら、だんだんと完成に近づいてきている。今まで色々な壁が立ちふさがってきたが、今日はその中でもかなり大きな壁を乗り越えてきたような気がする。
備忘録として、以下にメモ。
Mainform上のメンバ関数を、他のクラスから取得しようとして
using (Mainform frm = new Mainform(){
frm.XXについての記述
}
としたが、こうすると、usingで呼び出された度にコンストラクタで初期化されるので、Mainform上の値を取ることができない。またDisposeの宣言が必要だったりと面倒くさい。
色々と試してみたが、結局にっちもさっちも行かなくなって、気を失うように寝たが、こちらのサイトに書かれていた内容をヒントにして、
static public int WRX1= 0.0f;
と宣言したら、あっさりと他のクラスから呼び出すことができた。あまりにも嬉しくて、うちに電話したぐらい嬉しかった。よくよく考えてみると、C#の基礎をしっかりと理解していればすぐに思いついた考えなのに……と自分のいい加減さを反省してしまう。ま、ともかく結果オーライということで、あとの作業に取り掛かるとしよう。
もうゴールが見えてきた!
■閑話休題
この前もブレイクスルーがあったが、それらにはジンクスがあることに気がついた。「お弁当を持っていってる日」はブレイクスルーが起きやすいということだ。今日はサンドイッチを作ってもらった。とはいうものの、もう12時前。僕は早く大学に行きたくて仕方がなくイライラしていたが、イライラしても仕方がないと諭され、少しのんびりと大学に向かった。結果的にそれが良かったのかもしれない。
前職の時もそうだったが、自分でも気付かずにいっぱいイッパイになっている時がある。そんな時には、(一休さんではないが)一休みが大事だと思った。
◆今日の「ビミョーに関係しているリンク」

イ草ラグカーペット「ランクス」(ブラック)191×191
イケヒコ・コーポレーション
売り上げランキング: 45371
Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズNEO-3 シャンクス
メガハウス (2008/05/25)
売り上げランキング: 382
ポーラー・エクスプレス
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007/12/07)
売り上げランキング: 6194

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

のび太とモニカ

次の記事

卒業式と謝恩会