不変

今『博士の愛した数式』を読んでいるところだが、様々なことを考えた。この作品では「博士」が数に対して深い愛情を持ち接している様子が随所に見られる。それは僕に新鮮な驚きとワクワク感を与えてくれた。
この世の中に不変なものはどれぐらいあるのだろう。
そんなことを帰り道に星を見上げて考えた。オリオン座とシリウスがキレイだった。
■閑話休題
写真は今日の内容と全く関係ありません。これでもか、というぐらい無関係な写真を探してみました。
20060124.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

記憶と香り