固定概念を破って欲しいと思う

今日は1限から4限までの授業。情報系の授業で学生にテーマを与えた。「自分が母校の中学校に行った時に、インターネットについて何を教えたいか」について、A4サイズ1枚にまとめる。というものだ。
授業の終わりのまとめをする時間を伝え、その時間まではどこに行って、何を調べても良いというルールを作った。ある学生さんは天神まで往復し、ある学生は食堂に移動し、食事をしながらアイデアを練ったらしい。またある学生は、ずーっとYouTubeばかりを観ていた。別にこれはこれで構わない。自分で考えて行動するように説明してあったからだ。
僕の授業は「注意」はするが、怒ったり罰を与えたりすることは無い。叱ったりすることは時々あるが、それはルールを守らなかった時ぐらいにしている。罰を与えられたり、怒られたりしないと動かないというのは、いけないことなのではないかと僕は考えている。
大学とは自分で生き方を学ぶところだと思う。自分の行動が自分の身に関わってくることを、なんとしてでも知って欲しいと思っている。授業評価アンケートで評価が低くても、僕はこの方式を帰るつもりはない。僕の人気がどうのこうのよりも、これから僕よりも長生きする学生さんの将来のことを取りたい。
話は戻るが、A4というサイズを指定した場合、そのサイズをルールを駆使して大きく拡張したり、厚さとか材質とか、色々な工夫が観られそうで楽しみだ。固定概念に凝り固まっていては、今後の来るべき世界は何も変わらない。失敗してもいいから、既存の考えを破って欲しいと切望している。
課題の〆切りは17日。楽しみだ。
授業が終わった後、隙間時間を使って、日曜日の発表用の英語スライドと、その時の英文を作った。明日ネイティブの先生にチェックしてもらうことにする。普段使わない頭を使ったせいか、眼がはれぼったくて、コンタクトがつらい。頭から煙が出ているかもしれない。
■今日の一枚
この写真は、フィンランドとスウェーデンの間の海を、船の上から早朝に撮影したもの。ただそれだけだが、僕はこの写真が個人的に好きだ。ひんやりとする空気感とか、少し臭う船のエンジン臭とか、ただ通り過ぎていく風を感じられるような気がする(自己満足かもしれないけれど……)。是非大きな写真でご覧頂きたい。
R0012235.JPG

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA