rascutとrubyとの格闘@77日目

こちらに来てから,英語に苦しんだり氷で滑ったりしていて,ちゃんと研究しているのか?という疑いの目がありそうなので,今日は珍しくテクニカルな日記.

Flex環境をOSX環境で作成し,flashの開発環境を整えようという手順と,トラブルの対処法について簡単にまとめた.

以下,バリバリに技術的な内容です.

まず,何をしたいのかというと,”Flare”というAction Sctipt3用のグラフライブラリを使いたいと思ったわけです.

Flare   http://flare.prefuse.org/

Flareというと,全く同じ名前で,しかもFlash関連のソフトで逆アセンブルするやつがあるが,これは全くの別物.

Flareのデモンストレーション http://flare.prefuse.org/demo

これを見れば,このライブラリのすごさがわかってもらえるのではないだろうか.で,早速これをダウンロードし使ってみることにした.

Flash CS4 PROFESSIONAL を持っているので,それを使ってプログラムをコチョコチョと書いてみたが,どうもコンパイルが通らない.エラーの内容はこんな感じ.

定義 mx.core:IMXMLObjectが見つかりません

色々と調べてみたが,mxライブラリにあるIXMLObjectというのはflexの描画を担当するやつのようだが,flashファイルの「パブリッシュ設定」にある「Flash」の設定のところで,スクリプト設定でソースパスを

/Applications/Adobe Flash CS4/Common/First Run/Classes/mx

に通してみた.しかし

インターフェイス IMXMLObjectが見つかりませんでした.

というエラーが出て進まない.IMXMLObjectというやつはFlexで画面描画を担当するやつみたいなので,ActionScriptで操作するにはうまくいかないのではないか?と悶々としながら1日目は終了.

翌日,もうめんどくさくなったので,MacでFlexの開発環境を作ろうとチャレンジ.色々とサイトを調べ,

TextMate+Flex 3 SDK+rascutで作るMac OS XのActionScript開発環境

というサイトを見つけ,その手順通りにやってみた.ほとんどはこのサイトの手順通りにやっていけば問題なく進む.しかしいくつか初心者(というか私)が遭遇するトラブルがあると思うので,メモしておく.

  1. rubyのバージョンを調べる方法
    →コマンドプロンプトで ruby –version と入力するとわかる.
  2. sudoでのトラブル.
    僕は普段作業するユーザー権限をadminにしていないので,sudoコマンドが使えないと何かとやっかいだった.
    OSXでユーザーがsudoコマンドを使えるようにするためには,管理者権限でターミナルから 「sudo visudo」を実行.
    viの操作方法を知らないと,編集ができないので注意.
    root  ALL=(ALL) ALL と書かれているところがあるので,その下に自分のユーザー名を追加して同様の書式で書く.ちなみに僕はログイン時はAkiraというユーザー名だが,このファイルに書く時にはakiraと小文字にすること.
  3. TextMateのインストール後のトラブル
    コメント欄に対処方法が書いてあるので,その方法に従ってみると解決.
  4. rascutでコンパイルしたときのトラブル
    (前略)/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in ‘gem_original_require’: no such file to load –appscript (LoadError)
    というエラーに遭遇する場合があるが,
    sudo gem install rb-appscript
    とすれば解決.それがうまくいかない場合はXcodeのインストールをしていないことが原因(僕の場合はそうでした).
    AppleのサイトからXcodeをDLしてインストールする.その後でrb-appscriptをインストールすればOK!

以上,覚え書きでした.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA