地道にやる@31日目

From my office

先日の大きな絶望で打ちひしがれた翌日,午前の授業を休んだ.

もう自分はやっていけないのだろうと落ち込み,サボってしまった.それで自分を責めるのが辛いので,「どうせ訪問研究員なので,授業は義務ではないのだ」と開き直ってごまかしている自分に対してもいやな気分になってしまい,負のスパイラルにぐるぐると巻き込まれているのを感じた.

午後にオフィスにこそこそと出かけた.他の人と顔を合わせるのが辛かったからだ.

メールをチェックすると,先日のやけくそのような日記に対して,勇気づけてくれるコメントや,はげましてくれるコメントを頂戴した.そのコメントを下さった方に対し,普段僕が何かできていたかというと,不義理ばかりで,特に何かお力になれていたわけではない.そんな僕に対して,こんなに温かいコメントを寄せてくれるなんて,感謝してもしきれないぐらいだ.本当にありがとうございました.

ちょっと勇気づけられ,その後,また英語を地道に勉強しはじめた.

そんな中,ラボのメンバーのAntti氏がふらっとやってきて,「今日の5時からのTaiKパーティーはオフィシャルなやつじゃないので,奥さんも呼んだら〜.ワインとつまみがタダだよ〜」と誘ってくれた.

普段ぼくはこのようなパーティーには参加しない事が多いので(学会の後の懇親会には一度も参加したことがありません)今日もとっとと帰ろうと思っていたのだが,ま,ワインがタダということに惹かれてパーティーに参加してみた.

芸術の大学のパーティーらしく,オープニングイベントでは舞踊から始まり,チェロの演奏,映画の上映など,予想以上に(失礼!)楽しく,夢中で見入っていた.

さて,パーティーの後,ワインとちょっとしたつまみがあるので,夕食の前の軽食として食べていたところに,なんと,午前の授業,そう僕がサボってしまった授業だ,の先生がやってきた.何か言われるかな……と思ったが,「先日のみんなが出してくれたプレゼン案を今日はまとめたんだけど,君のアイデアとインドの留学生の子のアイデアがかなり近かったので,明日二人で案をまとめてみたらどうかな?」と提案して下さった.てっきりもう見放されてしまったのかと落ち込んでいたのだが,こんなヘッポコ野郎の事を覚えていてくれて,しかも提案までしてくれた.なんていうのか,嬉しくなった.

しかし残念なことに翌日は別のトレーニングがあるので授業には参加できない.

せっかく声をかけてくれた先生の気持ちを踏みにじるような事になるが,でも明日は参加できないと言わないとかえって迷惑をかけてしまう……そんな複雑な状況だし,さらに英語で伝えないといけない.

ワインで少し酔いが回っていたせいもあったかもしれないが,なんと躊躇することなく話すことができた.

Thank you for your advice, I will contact her and discussion about it…. Unfortunately, I can not attend class tomorrow, because I will have another training for foreign researcher. But I will contact her as early as possible, and make preparation for presentation. I am looking forward to Tuesday class, Thank you. Kiitos.

たぶんこんな感じだった.文法的とか単語のチョイスとか,ネイティブの人が観たら吹き出しそうなへたくそな文章だと思うが,とにかく伝えようという,その一心だった.

途中で「Pardon?」と聴かれ,ちょっとドキッとしたが,大きな声で発音して無理矢理わからせたような気がする…….むしろ今までの僕では決してやらなかった「Excuse me, Pardon?」と聞き返すという事(失礼なことだと思っていた)までやったような気がする…….

その後,その先生がバイクに乗っていたようなので,バイクの話をしたような気もするが,酔いの力というものは恐ろしい.結局バイクのエグゾーストノートが気持ちいいとか,ウィンカーの造形が美しいとか,そんな話までしていたような気がする.

ま,いずれにせよ,ちょっとだけ前に進めた気がする.

間違いなく僕一人だとできなかったことだ.周りで支えて頂いた方々に,この場を借りて深く御礼を申し上げます.

ありがとうございました.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA